第2回:大切な人を見守れる!!

 

こんにちは! 結衣です☆

 

今日は、前回も少し触れた「見守り機能」の話。

 

ー離れていても安心! の理由ー

 

HELO LXには「we care」という機能があって

家族や親戚など、大事な人の情報を予め入力しておくことで

血圧などの測定値を共有することができます!

これにより、離れて暮らすご両親や

単身赴任の旦那さんなどの健康状態が

リアルタイムでわかるのです!!

 

たとえば、血圧が高いお父さん。

薬を飲んで下げているとはいえ、年も年だし、怒りっぽくもあるし

なかなか会いにも行けなくて、娘としては、いつも心配。

 

でもね、HELO LXをお父さんにつけてもらって

お父さんの血圧の通常値を予め入力しておけば

お父さんの数値が高すぎたり低すぎたりした時に

娘さんの所にメールが届くのです!!

 

ガンコなお父さんが

どれだけ「俺は大丈夫!」と言い張っても

データが残ってますから

(何日か遡って見ることもできますよ✨)

「これで大丈夫なわけあるか! 病院行くよ!」

と引っ張っていけますね☆

 

メールを送る相手は任意で設定できます!

お母さんや妹たちとも情報共有しておけば

みんなで「いいから行くよ!」と強気に出れる(笑)

 

実際に、今一緒にお仕事をしている方の中で

お父様に重篤な疾患が見つかったという方がいます。

 

早期のガンや心臓の異常が見つかった方もいます。

 

自覚症状がない段階でも、HELO LXが異常を知らせることで病院に行き検査を受け

大事に至らなかったケースがすでに多数報告されているのは

紛れもない事実なのです。

 

アメリカでは、このような事例がテレビ番組で特集されたり

ニュースにもなっているようです。

 

HELO LXは医療機器ではありません

早い段階で病院に行く意識を促すことで

すでに多くの命を救っているのです!!

 

 

ー海外出張が多い方も必見!ー

 

 

日本国内に限らず、海外を飛び回って仕事をしておられる方も多い昨今。

 

わたしのセラピスト時代のお客さまには

アジアのマッサージを制覇した、ってくらい国外出張が多かったり

日本に居る日数の方が少ないんじゃないの??

っていうスケジュールの方もいました。

 

残されたご家族は心配ですよね。。。

 

でも、HELO LXがあれば!!

 

そう、海外にいる旦那さんの健康状態だって見守れちゃうのです!!

 

遠方のご両親は、そして仕事が忙しい旦那さんは

たとえ体調が悪くても、不安や異変や心配ごとがあっても

電話口で、メールやLINEで、本当のことなんて言わないもの。

 

だからこそ、悩みや心配は尽きません。

 

 たとえば、年老いた両親のいる日本と、かわいい孫の住むLAと

職場にしている台湾や香港を行ったり来たり、、、

なんて生活をしている方でも

HELO LXがあれば安心して自分の仕事や生活に専念できます。

いつもハラハラ心配していなくても

何か通知が来たら、数値を見守って異変を感じたら

駆けつければ良いわけです(*^_^*)

 

ー家族だけじゃなく、社員の健康も見守れる時代が来る?!ー

 

見守り機能(「we care」)に登録できるのは最大20人まで。

 

つまり家族に限らず、親しい友人や隣人、ビジネスパートナー同士でも

お互いの健康状態をチェックし合うことができるわけです。

将来的には、全社を挙げて社員の健康管理ができるような未来も来るかもしれません。

 

例えば人間ドッグが要らなくなる、なんて日も遠くないかも。

わたしはバリウムの前の炭酸が苦手だし、胃カメラも一生飲みたくないので

そんな未来が密かに楽しみです(笑)